特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
川原ブログ2016.12.27

アルハムダ村に二棟目の診療所が完成!

2016年もいよいよ残すところ、5日となりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、スーダンから嬉しいお知らせがあります!
皆様からご支援いただき、建設が続けられていたアルハムダ診療所が、ついに完成致しました。

現地で撮影しました動画をどうぞご覧ください!

 

12月21日にロシナンテスのスタッフ、保健省のスタッフ、それに担当した建設業者とともにアルハムダ村に確認に行きました。

首都のハルツームから、車で1時間半ほど舗装道を飛ばします。
ハルツームから離れるごとに民家が少なくなってきます。
途中から舗装道がなくなり、オフロードを走ります。

広がる潅木、それに赤茶けた土と砂の中、数キロ、あるいは十数キロ離れての集落が存在します。
首都に近い集落では、電気が通っているようですが、離れるごとに電気もなくなってきます。
1時間ほどオフロードを走らせたところにアルハムダ村があります。

ここは、電気が通っていません。

村の中心に学校があり、子ども達の姿が見えると、元気な声が聞こえてきます。
その学校の近くに、見事に完成した診療所がありました。

1

 

3ヶ月前まで何もない状態でしたが、基礎工事が行われ、それからレンガを一つ一つ積み上げ、建物が徐々に形になっていきました。
1ヶ月前までは、建物がレンガで作られているのが確認出来る状態でしたが、完成時には完全にレンガは見えなくなっており、その代わりに床はタイルが敷かれ、壁は綺麗にペイントされていました。

この診療所の建設にあたり、一体いくつのレンガが費やされたのでしょう。
おそらく何万のレンガだと思います。
皆さまのお気持ちが、一つ一つのレンガになって、ついに診療所となりました。

実は、この診療所建設にあたって村の人たちも、多くのレンガを寄付してくれました。
その意味で、日本の支援して下さった方々とアルハムダ村の人たちの気持ちが一緒になったレンガで、この診療所は成り立っています。

そして今回、診療所建設にご支援いただいた方々のお名前を刻んだプレートを日本から持って行き、
どこに掲げようかと村の人や保健省のスタッフに聞くと、
「支援してくれた方々の名前なのでしょ!当然、真正面に掲げましょう」
とのことで、正面の壁に釘で打ちつけました。

3
お名前は、日本語とアラビア語で書かれています。
村の人たちが、一人一人の名前を読んでいきます。
それを聞いていて、日本とスーダンの距離がすごく近くなったと感じ、喜びが心の底から溢れるようでした。
その後、村の有力者の家に集まり、今後の方針を決める会議が行われました。診療所の建物は完成しましたが、まだ中の医療機材がありません。
保健省が購入してくれる約束ですが、履行してくれるまでしっかりと村のコミュニティと我々とで見守る必要があります。
また、村の中から、この診療所で働く人々をリクルートします。
ワクチン接種専門家、子供の栄養状態をチェックできる専門家、医療統計を取る専門家の育成をしないといけません。
人材育成です。
この会議の場で候補者が決まり、うまく手続きが済めば年明けから保健省での研修が始まるでしょう。

 

診療所の建設が無事に終わりましたが、実際の診療が始まるまで、まだやるべきことはたくさんあります。
それを地域住民、地方政府と協力しながら推し進めていきます。
最後に我々が車で立ち去るとき、村の人たちが笑顔と拍手で送ってくれました。
この感謝の気持ちを日本にお届けいたします。

ロシナンテスから、今回の診療所建設にあたりご支援下さった方々へお礼申し上げます。

4

今後も、ロシナンテスは地域医療をさらに充実させていくために邁進していきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。
そして、良いお年をお迎え下さい!