特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. 月別: 2017年1月
スタッフブログ2017.01.30

【アルタイブ 茜】巨大送迎トラック現る!

先日のアルセレリア小学校のエコバックに続き、
目を引いたのがこちら!

DSC_0127

『ドンッッッ! でか!!』

巨大トラックなのです。校庭の隅に止まると子供たちがぞろぞろ乗り込むじゃ~あ~りませんか!
聞くところによると遠い地域から来ている子供たちを地域ごとに降ろす送迎バスならぬ、
‟送迎トラック”だそうです。各家庭には送り届けることはできないけど。。。ってそりゃそうですよね。すごい人数を運んでおります。
首都のハルツームでは見ることの出来ない村落地方珍百景です。
10年以上スーダンに住んでいる私もこれにはびっくりしました。
これも村落地方生活の知恵。。。
今日も笑顔で皆頑張って~~~~♪

 
あかね@ハルツーム

スタッフブログ2017.01.26

【アルタイブ 茜】村で流行りの学生カバンを激写!

昨日村へ行った時の一コマです。
ロシナンテス巡回診療地域に建設されたアルセレリア診療所の向かいにある、
アルセレリア小学校へ久しぶりに足を運びました。
今回は素敵な発見がありました。

特に女の子に多かったのですが、エコバッグ?を持った生徒が多くいました。
村落地方ではカバンを買うお金がありませんので、試行錯誤して生み出した
通学バッグなのだと思います。

近くに行って見せてもらいました。
恥ずかしそうにお母さんと一緒に見せてくれました!!

DSC_7435

これは洗濯用洗剤の袋を再利用したバッグです。
お母さんが袋を切って両端に穴をあけひもを通して作ります。
この洗濯用洗剤の袋は非常に頑丈に出来ているのです。
元気な子供達にはピッタリな素材だと感心しました。

ちゃんと教科書サイズに合わせてお母さんは作っているのですね^^
ちょうど下校中に発見しましたがパッと見たところ
10人位の女子生徒が同じようなバッグを持っていました。
写真の緑の袋が多かったですが紫色もありました。
洗剤メーカーによって違うんですね。

母の愛と生活の知恵を感じた光景でした。
勉強も頑張れよ~~~~♪

あかね@ハルツーム

川原ブログ2017.01.24

スーダン首都でのマラソン大会

いつも、ロシナンテスを応援して下さり、誠にありがとうございます。
 先週の土曜日にハルツームでマラソン大会がありました。
マラソン4
いつものように快晴の中、主催者発表で1,600名の参加(実際はもっと少なかった感じです)、80%がスーダン人で、20%が外国人でした。
 マラソン1
青年海外協力隊や難民を助ける会のスタッフなど、多くの日本人の参加者がありました。
スタート地点は、青ナイル川にかかる新しい橋(マンシーア・ブリッジ)の近くです。
スタートしてから、しばらく青ナイル川沿いにナイルストリートを走り、右に折れ、60番ストリートを南下します。
マラソン3
このマンシーア・ブリッジ、ナイルストリート、それに60番ストリートは全て、内戦終了後にできたものです。
私がスーダンに初めて来たのが、2002年。
内戦の最中でした。
夜間外出禁止令が出ていて、ナイルに架かる橋を渡る時は車のヘッドライトを消さなければいけませんでした。
敵に攻撃されるのを防ぐためのようです。
国の予算の大部分は戦費に使われ、医療はもとより、道路の整備など、ほとんど進んでいない時代でした。
内戦後、ナイル川沿いに新しい道が作られ、その沿道にカフェ(と言ってもお茶屋さんの域を出ませんが)が並び、夜になると家族連れや、最近ではカップルなどでも大変賑わっています。
そして、マラソン大会の開催です。
スーダンの若い女性の参加者もいます。
私の見たイスラムの世界では、女性が走るなんて、ほとんど見かけなかったものです。
なんと、平和なスーダンになったのでしょう!と、感じられるマラソン大会でした。
スタート地点に参加者が集まりますが、なかなか号砲が鳴りません。
先頭の方で写真撮影があっているようです。
期待していた号砲はならずに、静かにスタート。
マラソン4
私は後方地点から、ゆっくりとスタートを切りますが、そのうちにマジに走る若者についていきたくなり、いつもを上回るペースで走ってしまいます。
9時半くらいにスタートでしたので、太陽はすでに高い位置にあり、気温もぐんぐんと上昇。
30度は超えていたでしょう。
沿道には、警官も出て、警備をしていますが、そんなのもお構いなしに普通に車が何台も参加者が走る横を過ぎ去っていきます。
自分の安全は、自分で守る!という基本に忠実であらねばなりません。
途中でチェックポイントが何箇所かあり、色札のついた輪ゴムを渡されます。
ズルをして、車で移動する人を除外するためでしょうか、一生懸命に運営しているのがわかります。
給水所もあり、水を飲んだり、頭からかぶったりしました。
走り終われば、6キロの距離でした。
ロシナンテスのスタッフの渡邊、他の日本人の方々も無事に走りきりって、笑顔で終了しました。
マラソン5
主催者の話によると半年に一度の割合でマラソン大会を開催したいそうです。
マラソン大会が継続するように、平和が続くことを祈っています。
川原ブログ2017.01.16

ナイルに昇る太陽と月

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2017年1月も半ばが過ぎました。
日本の皆様も、日常の仕事に戻っていると思います。
スーダンでも、明日(1/16)巡回診療がいつも通りに出発します。
私も、追って巡回診療に参加しようと思います。
巡回診療地域内のアルセレリア村の給水所の建設が、予定から遅れていますので、今年の初めには完成させようと思います。
この村の診療所は、すでに稼動していますので、診療所、給水所、それに巡回診療がうまく機能するようにシステムの構築を地域住民の方々、それに当地域の保健所とともに考えていきます。
このように、地域での保健システムを構築していくことが、今後のロシナンテスの目標となります。
ロシナンテスのスーダン事務所から、歩いて15分くらいのところにナイル川があります。
よく、ナイルの辺りを歩くのですが、朝には太陽が昇るのが見え、夜には月が昇るのが見えます。

16105967_10154841720608898_5364413498770878265_n

【ナイル川に昇る太陽】

15965259_10154841721018898_7095738186650555302_n

【ナイル川に昇る月】

政治、経済といろんな事情があり、人々の生活はそれに大きく影響されますが、ナイル川の流れは太古の昔から絶えずして、太陽も月も変わらず地球を照らしています。
我々ロシナンテスも、スーダンを取り巻く様々な事情がある中、地域医療の保健システムを確立させ、地域の人々の健康が保たれるように頑張っていきたいと思います。
今年もロシナンテスの応援をよろしくお願いいたします。

スタッフブログ2017.01.06

【渡邊 周介】スーダンで病院受診

アッサラームアライクム。(こんにちは。)
アラビア語を覚えようと思って全然実践できていない渡邊です。
さて、お肉の呪い?かどうかは定かではありませんが、年末年始の大切な時期に私は高熱を出して寝込んでしまいました。
下痢とともに38℃台の高熱がポーンと出て、その後はだんだん下がっていたので様子を見ていた(ここで年末年始の休みはほぼ終了)のですが、一週間が経った勤務初日の前日夜にまた38℃台。
これは腸チフスとか変な病気にかかったかな?(ビビリ)ということで翌日病院に行きました。
異国で熱が出るとさびしいものですが、スタッフに支えられ心強いです。

私立のRoyal Care International Hospitalという病院にかかりました。
で、話を聞いてとりあえず診察した医師の第一声は
「viral(ウイルス性)でしょう。念のため検査を」
というもの。
因みに私、一応医師ですが、医師が「viralでしょう」というときは、たいていそれは「大したことないよ、普通のかぜです」という意味です。たまに(というか結構多くの場合)患者さんが「え?ウイルス?怖いじゃん」となって混乱したりしますが、この辺、本来は医療者側がしっかり説明すべきことですよね。(と臨床経験のかなり少ない若輩者の脱線意見です。)
検査の結果も誰がどう見ても普通の感じで、「やっぱviral、よく休んでね」ということでそのまま帰宅となりました。
今日も順調に経過しているのでまぁそういうことなんだろうと思います。

15895413_1237660282982618_8021844915237935463_n15894820_1237660316315948_461770404592038078_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院の感想を書きたいと思います。
因みに私が行った病院は、私立の病院で普通のスーダン人はいけません。私は海外駐在保険に入れている(感謝)ために行けているわけで、その目線で読んでいただけると幸いです。
医療レベルとしてはそこそこの水準だと感じました。あたった先生が良かったのかもしれませんが、診察、お話も丁寧で、説明も納得できるものでした。
多分日本の普通の病院にかかるより、まともな初診だと思います。聴診もちゃんと聞いている感じがしましたし。お腹の聴診はちょっと適当だったかな、と思うくらい。

一方で、途上国の首都にある私立病院、という視点で考えると、サービスの質はそこまで高くないと思います。
一応アラビア語、英語表記で看板がありますが、あまり分かりやすくはありませんし、こちらから声をかけないとスタッフが丁寧に教えてくれるということもありません。
英語のみでも受診はできるでしょうが、診察医含めて、英語のレベルは決して高いとは言えず、多分ネイティブだとストレスを感じるレベルです。
私はメディカルツーリズムの本場、タイの私立病院をいくつか見学したことがありますが、雲泥の差です。
診察のとき、検査のとき、といちいち料金を払わないといけないのもユーザー目線で練られているとは思えない点です。薬局は閉まってたし(在庫整理と張り紙がありました)。
文句ばっかり言っているように見えますが、ハルツームに住んでいる身としてはある程度、信用できる医療機関がそばにあるのはありがたいことだなと思います。
サービスの質のところで書いた点は日本の病院でも、全てほぼそのまま当てはまりますし、私自身はストレスをまったく感じていません。
ただ、これが産業になって外国人が先客万来みたいな感じになるかと言うと厳しいだろうな、とも思うわけです。
ちなみに私は医療を産業にした方がいい、という考えを持っているわけではないですが、この手の私立病院が存続し、拡大していくには産業にならないと厳しいだろうな~とも思います。
お金持ちというのはわがままなものなので。

何らかのウイルス?にやられて、ちょっと遅れてのスタートになってしまいましたが、今年も頑張りたいと思います!