特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
川原ブログ2017.02.08

北コルドファン州栄養改善事業

検査を待つ親子①

 

北コルドファン州での栄養改善事業ですが、
WFP、 スーダンのNGOであるSIDO(サイド)、北コルドファン州の保健省、さらに住民のボランティアの方々との共同で行われています。
5歳以下の乳幼児、妊産婦の上腕周囲を計測することにより、栄養状態をチェックします。栄養状態が悪いと判断されれば、入院または通院で栄養補助剤の投与を行います。

 

乳幼児の腕の太さを測定中

 

この計測の際に使用されるのが、MUAC(上腕周囲径測定帯)というメジャーです。
MUACを使って上腕の周囲を測定することで、乳幼児や妊産婦の栄養状態を素早く簡易的に分析でき、栄養不良が確認された場合はすぐに妥当な診療をすることができるのです。

 

MUAK(上腕周囲径測定帯)

 

結果は「レッドゾーン」。
(赤い色は栄養不良の可能性がある危険な状態を示します)

 

検査の結果、栄養補助食品を処方され補給している子ども

 

北コルドファン州保健省では、我々が行っている事業で随分と栄養改善が進んだと評価してくれました。
さらに、広い地区を対象にこの事業を拡大して欲しいとの依頼を受けました。
この地域はアクセスがとても悪く、オフロードを2時間以上ランドクルーザーを走らさないといけません。

 

北コルドファン州へ続くオフロード

 

オフロードでは、砂地が柔らかく滑りやすいので
あえてタイヤの空気圧を下げて走行します

 

 

ロシナンテスが行っているハルツーム州の巡回診療よりも過酷な環境です。しかし、巡回でのワクチン接種や栄養改善事業を、北コルドファン州は拡張したいようです。
さらに水のアクセスがとても悪いようで、地域住民、北コルドファン州政府からも水の開発が一番の問題とのことでした。
さらに、教育のことや医療のことなど多岐にわたり話し合いを行ってきました。
ロシナンテスは北コルドファン州での栄養改善事業を継続するともに、今後何ができるのかを考えていきたいと思います。

 

 

川原尚行