特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
スタッフブログ2018.11.26

【立花 香澄】大蔵小学校での出前授業

北九州市立大蔵小学校で、理事長川原による特別授業が行われました。

玄関口に置かれた看板。きれいな小学校でした。

集まってくれたのは小学5-6年生の生徒さんたち。スーダンやロシナンテスの活動について事前に勉強してから授業に臨んでくれたようです。

生徒たちに呼ばれ、カーテンの後ろから登場する川原。

スーダンがどんな国なのかから始まり、医者を目指すきっかけになった言葉、スーダンで活動すると決めた心境や支えてくれた仲間たちのこと、イスラム教への偏見について、スーダンにあって日本にないと感じること、など、写真や動画を使いながら2時間みっちりお話しさせていただきました。

想像以上にみんな真剣に聞いてくれました。

自宅から持ち込んだ桶とじょうろで、スーダンの村落部での手洗い方法を実演する川原。ひとりで洗うのは難しいので、スーダンの人々はお互いに協力してやる、そういう助け合いがたくさんある、と話しました。

質疑応答の時間には、川原もたじたじになるような質問がたくさん出ました。例えば…

  • 人を助けるうえで気をつけることは何かありますか
  • 外務省を辞めて突然お金が減ってどうでしたか
  • ロシナンテスの活動はいつまで続けるんですか
  • 嫌になったことはありますか
  • 続けていられるのはなぜですか
  • 他にしたいことはありますか
  • スーダンにあって日本にないものはなんですか

大人は聞きづらいような質問も出て、後ろの保護者の方々も盛り上がっていました。

また当日は、KBC九州朝日放送さんが授業の様子を取材してくださり、夕方のニュース番組「シリタカ!」にてご紹介いただきました。ありがとうございました。

最後に、後日送っていただいた感想の中からいくつかを画像でご紹介したいと思います。

スーダンって大変な国、とか、スーダンで活動するなんてすごい、ではなくて、それぞれに響くものがあったことが伺えるうれしい感想がたくさんありぐっときました。大蔵小学校の皆さま、素敵な機会をいただきありがとうございました!

終了後子どもたちからサインを頼まれた川原は、「鉛筆でサインするなんて初めてだよ」と嬉しそうでした。