特定非営利活動法人ロシナンテス

巡回診療

医者がいない村に、医療を届けます。

  1. HOME
  2. ロシナンテスの活動
  3. 巡回診療

2万人の住民へ毎月医療を届けます!

社会インフラが十分でないスーダンでは、十分な医療施設がなく、
たとえ病気になっても適切な診療を受けることができません。そのため、私たち医療サービスチームが、車で2週間かけて、
約29の村を回り、より良い医療サービスを届けるために尽力しています。

ハルツーム州ワッドアブサーレ区とは

首都ハルツームから車で1~2時間ほどの距離にあるハルツーム州シャルガニール地域ワッドアブサーレ区にて巡回診療を行っております。
ワッドアブサーレ区は東京都とほぼ同じ面積を有し、社会インフラが整っておらず医療施設がありません。
そのため安定した医療を届けられるように、土とレンガの診療所プロジェクトを行っております。

巡回診療の内容

9名の医療スタッフが巡回します

(リーダー・メディカルアシスタント・検査技師・助産師・栄養師2名・ワクチン接種担当・医療統計担当・運転手)
巡回診療車で砂漠の村々を回り、一般診察や母子健診、予防接種、栄養指導などをすすめています。
当初から力をいれてきた母子保健活動も継続中です。

巡回診療の開始

巡回診療の朝は7時から。すぐに日差しが強く暑くなるので早朝から仕事にでかけます。目的の村に着くとマイクで巡回診療が来た事を村人に知らせます。
「予防接種が必要なお子さんをお持ちの方は外に出てきてくださーい」という放送を聞きつけて赤ちゃんとお母さんが集まってきます。

赤ちゃんから診察

まず、赤ちゃんの身長を測ります。体重を測ったら、次は予防接種。
助産師さんは家庭訪問へ。赤ちゃんの体重を測り、ちゃんと母乳が出ているかチェックします。

医療の大切さを伝えます

ロシナンテスとシャルガニール保健省のメンバーは、毎月モバイルクリニックの視察に出かけます。
時々診療を拒否される場面に出くわします。そんな時は、健診や予防接種の重要性を丁寧に話します。
村には障害を持ったお子さんも多く、リハビリの方法を家族に伝えるのも大切な仕事です。

拠点を構えて診療することも

予防接種係・栄養師・助産師が車で回っている間に、メディカルアシスタントと検査技師は一箇所に拠点を構えて診療を行います。
時には、夜間懐中電灯をつけながら診療する事もあります。村人にとって月一回の診療はとても貴重で、遠く離れた所からもロバでやってきます。

村人から協力頂くことも

巡回診療は炎天下の中での仕事のため体力を使います。村人が提供してくれるジュースや水は本当にありがたいです。
また、丁度朝ごはんの時間にあたると、村人がご飯を提供してくれる事も多々あります。また、夜は村人の家にお世話になります。

給油と薬の保管も大変です

電気が無いため、氷を使って冷蔵保存が必要な薬を保存します。2週間の移動中、氷がすべて解けて水になる事が数回あります。(29村で氷が売っているのは1村のみです。)また、もちろん氷だけでなく巡回診療車の給油のため、何度も町まで戻る必要があります。

村々を移動しながら、巡回診療を終えるまで
2週間チーム一丸で診療を続けています。

協力頂いた方やトレーニングの様子

  • 北海道大学医学部の藤田先生がスーダンに来てくださいました。現地スタッフの士気も上がります。

  • 助産師トレーニングの様子。感染対策や医療器具の消毒方法を学びます。

  • 保健センターでの実習。左が予防接種担当者。薬の説明をした上で接種します。

今後の展望

医療サービスの向上を

巡回診療スタッフの研修を重ね、診療、健診をより充実したものにしていきます。
各地域にいる村落助産師との連携を深め、お母さんと子供の命を守ります。
地域の人たちの中に入り、健康キャンペーンを行い、医療への理解を深めてもらい、ワクチン接種拒否などがないようにします。
巡回診療と新しく建設した診療所との連携を行います。
新しい医療機材の開発や、通信技術を用いての遠隔医療、村落助産師への遠隔教育などを試みます。