特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. カテゴリー: 診療所建設
診療所建設2018.12.20

スーダンの人々の愛がこもった看板をお披露目

先日スーダン出張から戻りました、宮崎理恵です。スーダン出張中に、アルハムダ村の診療所の看板にロシナンテスのロゴを貼りつけに行ってきました。

診療所が完成してから大分たつのにどういうこと?と思われたと思います。

診療所の完成後、保健省が立派な看板を制作してくれたのですが、

今回問題になった看板

ロシナンテスのロゴが抜けており、それに後から気がついた保健省の皆さんが「大変だ!ロシナンテスのロゴがない!」と言いだしたことから始まりました。

ご支援くださった方々のお名前はきちんと正面の一番目立つところに設置してもらっていたので、

診療所の正面

ロシナンテスとしては看板にロゴがなくてもまったく問題ないよ、という話をしたのですが、保健省の皆さんからは「ドナーのロゴがないなんてだめだ!」との主張が。気持ちはうれしいけれど、看板を作り直すのにはまた大きな費用が掛かるしどうするか、と色々相談した結果、今ある看板にロゴを追加するということで落ち着いたのでした。そこからもまた紆余曲折あり、かなり時間がかかりましたが、先日やっとロゴシールができあがった、と保健省から連絡があり、今回の出張に合わせて貼り付けに行くことになりました。

強度が心配だったので、接着剤を使用

保健省が用意してくれたロゴシールに、日本から持ち込んだ接着剤を塗り、設置済みの看板に貼りつけました。貼りつけ作業は巡回診療のドライバーで、今回も同行してくれたシェーさんが器用にこなしてくれました。

やり取りは色々と大変でしたし、建物の完成から2年もたってのタイミングではありますが、スーダンの人々の愛がこもった看板が改めて完成しました!

完成!

 

診療所建設2018.01.22

3棟目の診療所完成!土とレンガの診療所プロジェクト

こんにちは!そして明けましておめでとうございます。
スーダン事務所の田才諒哉です。

先日、ロシナンテスが「土とレンガの診療所プロジェクト」として進めていた3つの診療所建設の計画のうち、3棟目にあたるワッド・シュウェイン診療所の建設が完了しましたので、そのご報告をさせていただきます。

ワッド・シュウェイン診療所は、2017年9月より建設を開始し、約3ヶ月半で完成にいたりました。

診療所の中の様子

この診療所ができたワッド・シュウェイン村は、私たちが2017年まで巡回診療プロジェクトを行っていた地域の中でも最も衛生状況の悪い村の一つです。
綺麗で安全な水を得ることも難しく、住民はハフィールと呼ばれる溜め池から濁った水を汲み、それを生活用水として使用しています。
そうした背景から、ワッド・シュウェイン村での病気の罹患率は他の地域よりも高く、月に1回の巡回診療による診察だけでなく、いつでも訪れることのできる診療所の建設が住民からのニーズとしてあがっていました。

診療所は完成しましたが、ここから保健省と相談を重ね、必要な設備やスタッフの配置を行っていきます。
また、先ほど述べたようにこの地域では「水」の問題もあがっておりますので、今後は井戸の設置など安全で清潔な水を住民が手に入れることのできる環境を整え、総合的な地域開発を進めていきたいと考えています。

改めまして「土とレンガの診療所プロジェクト」にご支援、ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
立派な診療所の完成に、住民も大変喜んでおりました。

引き続きワッド・シュウェイン村での支援を継続していきますので、応援よろしくお願いいたします!

診療所建設2017.10.05

3棟目の診療所建設開始

こんにちは!スーダン事務所の田才諒哉です。
スーダンでは雨季が終了し、再び暑い暑いシーズンが舞い戻ってきました。

さて、私たちは「土とレンガの診療所プロジェクト」と題し、3棟の診療所建設を計画し、これまでに2棟を建設してきました。そしてついに、3棟目の診療所の建設がスーダンで始まりましたので、今回はそのご報告をさせていただきます。

3棟目の診療所は、ワッド・シュウェインという村に建設されます。
この村は、私たちが巡回診療を提供しているエリアの中でも最も首都から遠い地域にある村で、これまで建設してきた2棟の診療所がある村よりも、医療、そして水衛生環境も含めて劣悪な環境にあります。

ハフィールという溜め池から汲まれた水は濁っています。

診療所建設のために必要な水を確保するだけでも大変なエリアで、これまで建設した2棟以上に多くの困難がありました。
しかし、今回依頼した建設会社と村の住民たちが協力し合い、現在は順調に建設が進んでおります。
計画通りに進めば、今年の12月中には診療所が完成する予定です。

先日進捗の確認をしに行ってきました。

「土とレンガの診療所プロジェクト」では、本プロジェクトへのご寄付に加えて、クラウドファンディングを通じたご支援もいただき、本当に多くの方々にご協力をいただきました。
皆様の想いが、いま、ひとつひとつ積み上げられ、診療所がカタチになり始めています。

診療所が完成した際には、また改めてご報告させていただければと思います。
皆様のご支援・ご協力、本当にありがとうございました!

診療所建設2016.11.30

アルハムダ村に二棟目の診療所、完成間近!

こんにちは。インターンの前田 謙です。

いつもロシナンテスを応援してくださり、ありがとうございます。

皆さまもご存知の通り、昨年末より「土とレンガの診療所プロジェクト」と題し、
ワッドアブサーレ区での巡回診療地域内に3つの診療所を建設する計画を進めています。

さて今回は、完成を目前に控えたアルハムダ村診療所についてお伝えします。
(この診療所は一棟目のアルセレリア診療所に引き続き二棟目となります)

アルハムダ村の人口は村の周辺で生活するひとびとも含めて約5,000人。
現在私たちが巡回診療を行っている「ワッドアブサーレ区」の中でも
ちょうど真ん中あたりに位置しています。

この村に診療所を建設する理由は、
私たちの巡回診療地域の中で、2番目に大きい無医村であること、
そして、完成する診療所まで徒歩とロバでの行き来ができる住民が多いことが理由です。
また、医療スタッフについては、完成後に保健省が派遣してくれる契約となっています。

アルハムダ診療所も一棟目のアルセレリア診療所と同様の規模と環境を整備する予定で、
診察室・検査室・薬剤室に加え、3つの病室を備えるほか、
安定した電力の確保のために屋上にはソーラーパネルも設置します。

もちろん診療所建設には、現地住民の協力も欠かすことはできません。
皆さまからいただいた「支援」という想いが、
現地スーダンのひとたちの手によって「レンガ」に変わり、
いよいよ「診療所」としてカタチ作られようとしています。
15170886_1180547772035988_2435185703138498185_n

 

 

 

 

 

 

 

 

村の住民たちも今か今かとその日を待ち望んでいます。

最後になりましたが
この診療所建設も一重に、「レンガ基金」やREADYFORでのクラウドファンディングによる
皆さまからの多大なるご支援による賜物です。
ロシナンテススタッフ一同、改めまして深く御礼申し上げます。

診療所建設2016.01.22

土からできるレンガ

いつもロシナンテスを応援してくださり、ありがとうございます。川原です。
今度の日曜日(24日)に福岡を会場として、「土とレンガの診療所」プロジェクトの概要説明を行います。
それと同時に、プロジェクトの成功のために、みなさまからの良い御意見をお聞きする場に出来たらと思っています。
私はスーダンからインタネットで参加したいと思います。
日曜日に、レンガを作っている現場から中継しようと思い、ナイル川の辺りに行ってきました。
まずは、土をナイル川からくみ上げた水と一緒にしてこねていき、泥にします。
その中に、牛のふんを乾燥させたものを混ぜます。
これは、草が混じっているのでレンガ自体が強化されます。
IMG_6230.JPG
泥を、枠の中に入れて、レンガの形にして、乾燥させます。
枠の中に泥を入れる入れる作業は、作業する人が入る地面に穴をあけ、その中に入り作業がしやすいように工夫しています。
ひざまづかなくて作業が出来る体制です。
IMG_6221.JPG
それを日干しにします。
日干しレンガを焼き場にもっていき、ブロック上に積み重ねて行き、最後は泥で固めます。
最後に下の穴から木を入れて、全体を焼きます。
IMG_6250.JPG
IMG_6234.JPG
これで出来上がりです。
改めて手作業でレンガがひとつひとつ作られているのがわかりました。
最近はあまり暑くないスーダンでも、作業する人たちは大粒の汗を流していました。
人々が働く姿は本当に美しいものです。
この働く人たちの気持ちのこもったレンガに日本の皆様方の気持ちを添えていきたいです。
これらのレンガを積み重ねていって、巡回診療を行っている無医村地域に診療所を作ることが出来たらと思います。
その思いをスーダンから福岡の会場へと、お伝えしたいです。
日曜日に会場でお会いしましょう!
http://www.rocinantes.org/2016/01/post-138.html