特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. カテゴリー: 日本での活動
日本での活動2018.11.26

スーダンにあって日本にないものは?大蔵小学校での出前授業

北九州市立大蔵小学校で、理事長川原による特別授業が行われました。

玄関口に置かれた看板。きれいな小学校でした。

集まってくれたのは小学5-6年生の生徒さんたち。スーダンやロシナンテスの活動について事前に勉強してから授業に臨んでくれたようです。

生徒たちに呼ばれ、カーテンの後ろから登場する川原。

スーダンがどんな国なのかから始まり、医者を目指すきっかけになった言葉、スーダンで活動すると決めた心境や支えてくれた仲間たちのこと、イスラム教への偏見について、スーダンにあって日本にないと感じること、など、写真や動画を使いながら2時間みっちりお話しさせていただきました。

想像以上にみんな真剣に聞いてくれました。

自宅から持ち込んだ桶とじょうろで、スーダンの村落部での手洗い方法を実演する川原。ひとりで洗うのは難しいので、スーダンの人々はお互いに協力してやる、そういう助け合いがたくさんある、と話しました。

質疑応答の時間には、川原もたじたじになるような質問がたくさん出ました。例えば…

  • 人を助けるうえで気をつけることは何かありますか
  • 外務省を辞めて突然お金が減ってどうでしたか
  • ロシナンテスの活動はいつまで続けるんですか
  • 嫌になったことはありますか
  • 続けていられるのはなぜですか
  • 他にしたいことはありますか
  • スーダンにあって日本にないものはなんですか

大人は聞きづらいような質問も出て、後ろの保護者の方々も盛り上がっていました。

また当日は、KBC九州朝日放送さんが授業の様子を取材してくださり、夕方のニュース番組「シリタカ!」にてご紹介いただきました。ありがとうございました。

最後に、後日送っていただいた感想の中からいくつかを画像でご紹介したいと思います。

スーダンって大変な国、とか、スーダンで活動するなんてすごい、ではなくて、それぞれに響くものがあったことが伺えるうれしい感想がたくさんありぐっときました。大蔵小学校の皆さま、素敵な機会をいただきありがとうございました!

終了後子どもたちからサインを頼まれた川原は、「鉛筆でサインするなんて初めてだよ」と嬉しそうでした。

 

日本での活動2017.09.03

スーダンから日本へ!保健従事者研修を実施

皆さんこんにちは!ロシナンテスのあかねです。

スーダンでの日本研修シェアセッションのブログに越されてしまいましたが!今回は、日本での研修が一体どんな感じだったのかご報告致します。

スーダンで行われた日本研修シェアセッションの様子についてはこちらをご覧ください。

https://www.rocinantes.org/blog/2017/08/study/

5月15日から5月29日までの間、ロシナンテスの活動に関わっている地域保健従事者を対象にした日本研修を実施しました。主な目的は、日本の地域医療を見ることで、スーダンの地域保健従事者が地域医療について学ぶ機会を提供するとともに、両国間の交流を深めるためでした。スーダンからの研修生は、ロシナンテスのカウンターパートである地域保健局やハルツーム保健省から、地域医療に関わる助産師さんなどの計5名が参加しました。

今回の日本研修では、長野、福岡、東京の3ヶ所を訪問しました。長野では、佐久病院や各分院(診療所)で地域医療や高齢者医療、ケアについて講義を受け、その後各所見学をさせて頂きました。スーダン人研修生は、日本の介護医療やシステムについて興味深く聞き入っていました。

それぞれの国の文化や風習は違いますが、日本の良いところを取り入れれば、近い将来スーダンに新しい医療システムを確立させることも可能ではないかなどの意見が研修生から出ました。日本で学んだことをスーダンへ持ち帰り、関係者に共有することでスーダンの地域医療発展に繋げていきたいです。(前述の通り、7月にスーダンで日本研修のシェアセッションが行われました)

その後は福岡に移動しロシナンテスの活動報告会に参加しました。スーダンでのロシナンテスとの関わり、役目、活動などをスーダン人研修生とともに講演し、その後参加者の方々からの質疑もありました。その中で印象的だったのが「イスラム国が世界的に問題になっていることをどう思いますか?」というストレートな質問でした。それに対してスーダン人研修生の1人が答えました。

「イスラム教は殺人や他教徒を殺すことを禁じています。サラーム(アラビア語で平和)を基本にしている宗教です。イスラム国はイスラムの名を借りた過激集団に過ぎません。イスラム教とは無関係です。」参加者の中には「敬虔なイスラム教徒こそがイスラム国のメンバーになるのだと思っており、勘違いしていました。」とおっしゃっている方もおり、こうやって少しでもイスラムに対する誤解が解けていければいいですね、と研修生たちは話していました。

さらに福岡では、北九州市にある済生会八幡病院でも各病棟見学、先生方から病院や周辺地域についての説明をして頂きました。その後東京でスーダン大使館にて表敬訪問を行い、大使に今回の研修について報告をすることもできました。

研修生には今後、日本研修で得た経験をスーダンの地域医療従事者に伝えて頂き、スーダンの医療環境発展に努めてもらえればと思います。最後になりましたが、今回研修でお世話になりました方々、各病院、施設、診療所の方々、大変お忙しい時にこのような貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。今後もロシナンテスと関係者で一丸となって頑張ってまいります。

日本での活動2017.08.17

日本の知見をスーダンへ。日本研修シェアセッション

こんにちは。スーダン事務所の渡邊です。
雨季になると涼しくなると聞いていたのにやっぱり暑いな、そりゃそうだ、スーダンだもの、と思う今日この頃です。

さて、ロシナンテスは今年5月に、スーダン人研修生とともに日本で地域医療についての研修を行いました。テーマは「日本の遠隔地で考える地域医療、スーダンで役に立つものは?」です。
研修にはハルツーム州保健省の職員を中心に5名が参加し、それぞれが日本で学んだことを普段の仕事に生かしたい、と嬉しい感想を聞かせてくれています。
しかしそれだけでなく、周りの同僚にもぜひ共有してもらいたいということで「日本研修シェアセッション」と題し、ハルツーム州保健省内で意見交換のためのイベントを7月27日に開催しました。

スーダンですので直前までなかなか準備が進まず、やきもきもしましたが(未だになかなか慣れません)、当日は20人以上の職員が集まり、熱い議論を交わしました。(途中停電でクーラーが切れたりしたので、本当に暑かったです。)
始めに、私から簡単に研修の意図や全体像を説明しましたが、残りはすべてスーダン人によるプレゼンテーションと意見交換が行われました。

日本研修の感想について、面白いなと思ったものを以下に記します。
・日本はスーダンと違って医療従事者と患者さんの関係が近く、とても良いこと。
・在宅診療は非常に大切。患者さんの生活背景を知ることができる。
・情報共有が進んでいる。ただレポートをあげるだけでなく、それに対してフィードバックもあり、双方向の情報共有があるところが素晴らしい。

「日本研修シェアセッション」は参加者の方々に好評だったのではないかと思います。これが議論で終わるのではなく、遠隔地という医療を提供することが難しい場所で、どうやって医療を行っていくか。スーダン人の間で少しでも考えるきっかけになったらいいなと思っています。

なお、この「日本研修シェアセッション」には当団体職員だけでなく、独立行政法人国際協力機構(JICA)の職員の方にもご参加いただきました。ありがとうございました。

 

日本での活動2016.11.28

熊本での活動報告 Vol.3

こんにちは。インターン生の大庭です。

熊本ブログの3回目となりました。
第1回目は「熊本の現状」。第2回目は「熊本の人」について。
最終回の今回は「熊本のこれから」について私が感じたことをお話します。

熊本地震が発生して、7ヶ月が経ちました。

“皆さんが最近で一番最後に、熊本地震の報道を見たのはいつですか?”

最近、日本各地で災害が相次いだこともあり、熊本地震の報道が少なくなってしまいましたよね。
どのチャンネルでも同じ熊本地震の情報が流れていた発災直後から、
たった7ヶ月で、パタリと報道がなくなってしまいました。

「テレビで見て思い出した」

何かきっかけがなければ、思い出すことは少ないのではないでしょうか。

一瞬、関心が高まっても、持続しないのが“災害”というものです。
「報道がなくなったから終わり…?」
決してそうではありません。

先日、私は久しぶりに熊本へ行ってきました。
発災直後、熊本市の災害ボランティアセンターが設置されていた場所では
イベントが開催されていました。

%e7%86%8a%e6%9c%ac%e7%81%bd%e5%ae%b3%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e6%b4%be%e9%81%a3-%e7%ac%ac%e4%b8%80%e6%ac%a1%e6%b4%be%e9%81%a3_74

【辛島公園前 5月4日の熊本市災害ボランティアセンター】

img_5216

【辛島公園前 11月20日の第11回熊本県畜産まつり】

一方で、まだ家にブルーシートがかかっていたり、重機が入って家の解体作業をしていたり、傾いていた家が全て取り壊されていたり…壊れたものの片付けが優先して作業されていました。
家や道路などは、目に見えるもの。物理的なもの。

「じゃあ、目に見えないものはどうなっているの…? 被災者の心の復興は?」

正直、心は目に見えるものではないので “復興” と言われても難しいです。
心はどのものさしを基準にして測ればいいのか、わかりません。
何を基準にして、「元気になった!」と言えるのでしょう。

そもそも、人によってものさしは違うのだと私は思います。

目に見えるものほど、手がつけやすく、目に見えないものほど、手をつけにくい。
だからこそ、人の心に寄り添う事が必要なのではないでしょうか。

そして、私がこれからの熊本復興に必要だと思う事、
それは「教訓を我が事にする」という事です。

今の熊本は、ようやく避難所が閉鎖し、避難している方が仮設に移動しています。
被災された方は、熊本地震を経験しているからこそ、これまで以上に自分の身を守るために備えをしていると思います。

しかし、災害は日本全国、どこでも起こり得ます。

そのために、災害の経験を未来に活かすことが必要なのではないでしょうか。
熊本地震を他人事だと思わず、自分の身にも起こりうることだと思って考えてみてください。

それが、熊本に寄り添うことでもあると、私は感じます。
熊本地震の復興はこれからが正念場。

一人一人の力は小さいかもしれませんが、それはロシナンテスの名前の由来のように
集まれば大きな力になるのです。

ロシナンテスでは、できる限り熊本の人たちに寄り添いながら一緒に手を取り合って
前へ進んでいこうと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

日本での活動2016.10.17

熊本での活動報告 Vol.2

こんにちは。ロシナンテスインターン生の大庭です。

前回、熊本の現状についてお伝えしました。
今回は熊本の“人”にスポットを当ててお話します。

発災から半年が経過しました。
被災された方は、半年経っても心の傷が消えるわけではありません。
何年・何十年経っても決して忘れることはないでしょう。

そんな中、私が熊本に住む方から聞いた声。
「死んでいく家を見ることが一番辛い」

大雨・台風・噴火…様々な自然災害が熊本を襲いました。
東日本大震災とは被災の形が異なり、
発災当時には建っていた家も時間が経つにつれて、崩れてしまうという現状があります。
思い出の詰まった家が崩れていく姿は、直視できるものではありません。

また、今回の地震の本震・余震の発生はともに夜中でした。
今でも、夜になると地震の事を思い出し、「また夜中に地震が起こるかもしれない」という恐怖で、
寝ることが出来ないという方もいらっしゃいました。
夜に寝ることができない分、昼寝をしてしまい、
生活リズムにも影響を及ぼしています。

災害は、時間の経過とともに、精神面・身体面でも人を追い込んでいくのです。

お子さんを持つ主婦の方から聞いた話。
発災直後は、何千回といった地震が頻繁に起こる度に、
携帯電話の警報アラームが鳴り、怯えながらの生活が続いていたと言います。
ようやく地震が落ち着いた今、
「子供たちが警報アラームの真似をして面白がっている」
ということを聞きました。

そこで私は考えました。
その行動は、本当に地震を面白がっているのでしょうか?
幼い子どもながら、どうにか不安を押しつぶすために
面白おかしく、真似をしているのではないでしょうか。
そんな話を聞くと、胸が締め付けられます。

熊本は今、避難所から仮設住宅に移り、
生活をする段階へと、フェーズが変わっています。

少しずつ生活が安定し、余裕が出てきたのか、
ようやく、笑顔が見られるまでになりました。
dsc_4571%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88

【仮設住宅に住むお母さん】

しかし、メディアで放送されなくなった分、
熊本地震の記憶が、薄れていっているような気がしませんか?
情報がないから”終わり”ではありません。

未だに熊本で、問題を抱えている方はたくさんいらっしゃいます。
その方々に、私は何が出来るのか。
ロシナンテスは、何が出来るのか。
寄り添い合って、今後の展開を考えていこうと思います。

img_4684%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88

【介助が必要な方と一緒に散歩している様子】

一生懸命前を向いて、頑張ろうとしている人がたくさんいます。
これを読んだ方が少しでも、この想いに共感していただけると幸いです。