特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
川原ブログ2019.04.12

スーダンでなされたクーデターに寄せて

いつも、ロシナンテスを応援し、スーダンに関心を寄せて下さり、誠にありがとうございます。

 

さて、ニュースでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、4月11日、スーダンにおいて30年間実権を握ってきたバシール大統領の解任が発表されました。これは地方でのデモが発端となっています。昨年12月19日にパンの値段が3倍に値上げされたことに対する抗議デモが地方都市アトバラで起こり、これがスーダン全土に瞬く間に広がっていきました。その後、経済の混乱を招いたのは大統領であると、大統領退陣要求へと変遷していきました。このデモは、大学教員、ジャーナリスト、弁護士、医師らによって構成されたスーダン専門職組合(SPA, Sudanese Professionals Association)などが指導したもので、非暴力に徹し、今まで継続されてきました。

過去に遡ると、1985年4月6日、軍部がクーデターによってヌメイリ大統領を失脚させた歴史があります。今回、この4月6日から、昨年末以来最大規模のデモが行われ、大統領居住域と隣接する軍本部周辺に数万人規模の群衆が集結し座り込みがはじまりました。座り込みから6日目の4月11日午後、スーダン国軍が国営放送を通じて、軍がバシール大統領を拘束したこと、軍評議会が2年間暫定的に政権を運営し、その後に民主的な選挙を行う予定であることをアナウンスしました。

一部報道では軍によるクーデターとなっています。しかし実際は、民衆が主導して反政府デモを継続したことで、最初は大統領の指揮下にあった国軍が民衆側に賛同し、最終的に大統領を退陣させたというもので、民意の勝利と言えるでしょう。

国軍は、バシール大統領に近い人物を暫定政府の指導者に就任させると発表し、民衆は不満を表明していますが、独裁を30年間継続してきたバシール大統領を平和裡に退陣に追い込んだ民衆の力には驚かされるばかりです。

 

私が大使館の医務官としてスーダンに赴任してきたのが2002年。まだ内戦の最中でした。それから17年、スーダンの状況は劇的に変化してきています。2005年、内戦終結後にスーダン第一副大統領に就任した南部出身の指導者ジョン・ギャランが航空機事故で亡くなり、国中が大混乱になりました。その後6年間の暫定政権を経て、2011年、南スーダンが分離独立し、スーダンの主な収入源である原油のほとんどが南スーダンの所有となりました。2017年、20年続いた米国からの経済制裁が解除されましたが、スーダンの経済状況は改善せず、民衆蜂起からの大統領退陣へとつながりました。バシール大統領には国際刑事裁判所から、2003年に勃発したダルフール内戦に起因して逮捕状が出されています。また米国からテロ支援国家に指定されていることもあり、バシール大統領退陣が、スーダンを取り巻く状況に良い影響を与えると思われます。

 

現在ロシナンテス・スーダン事務所のスタッフの安全は確保されています。ハルツーム空港が閉鎖され、政府機能が麻痺しているなど、今後どのようになるのか不透明な部分が多い状態ですが、状況を見極め、日本人スタッフの国外退避なども含めて検討していきたいと思います。

ロシナンテスは、2006年にスーダン政府に国際NGOとして登録され、現地の人たちとともに、病院のない地域に医療を届ける事業を行ってきました。巡回診療を行い、診療所を建設し、井戸を掘り給水所を設け、女子小学校を建設し、地元の人たち、地方政府に引き渡してきました。これらの事業が継続されさらに発展していくことを、引き続き見守っていきたいと思います。今はスーダン国内が混乱していますが、予定していた事業に関しては、混乱が収束し、安全が確保される状況を待って実施していきたいと思います。

 

新しい政治体制のもと、スーダンに平和が定着し、人々に笑顔が広がることを願いつつ、ロシナンテススタッフが一丸となって、スーダンの人たちと力を合わせて、地域社会へ医療を届けられるように今後も頑張りたいと思います。

 

みなさま、ロシナンテスの応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。