特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. カテゴリー: コラム
コラム2019.05.28

もしもナプキンがなかったら…スーダンの月経事情

写真は、スーダンの首都ハルツームのスーパーで売っているサニタリー用品です。意外と(!?)種類が豊富ですよね。ここのスーパーにはありませんでしたが、日本でよく見かける「ソフィ」も売っていたりするそうです。

首都ハルツームのスーパーに売っていたサニタリー用品

スーダンの都市部ではサニタリー用品があちこちで売られていますが、村落部では売っている場所を見つけるのは困難です。女性たちはどうしているの?と聞いたところ、安く売っている綿や布で対応している、とのことでした。

 

開発途上国では、多くの女性は月経をきちんと管理するためのサニタリー用品を利用することができません。特に村落部では、サニタリー用品を買うお金がなかったり、そもそも売っている場所がなかったりすることで、代わりに布や新聞、葉っぱ、乾燥させた家畜の糞などを使用している女性がたくさんいます。

 

こうした代用品では、経血がもれやすく、外出が難しくなることも。また衛生的とは言えず、雑菌が繁殖しやすかったり、頻繁に取り換えたりできなかったりすることで、感染症にかかりやすくなります。

 

また世界には、月経中は家族と会ってはいけない、外出してはいけない、キッチンに入ってはいけない、など、国や文化によってさまざまなタブーがあります。月経に関する言葉を口にすることすら禁止されているところもあるのです。スーダンを含むイスラム教文化においても、頭を布で包まなければいけない、男性は月経中の女性に触れてはいけない、など、色々な決まりごとがあります。

 

今日5/28は月経衛生デー。月経衛生デーとは、

・月経に対する沈黙を破って社会の意識を変えること
・月経に関する制度の政治的優先順位を高めるよう促すこと

を目的に制定された日です。

 

正しいとは言えない月経管理やタブーによって、命の危険にさらされたり、つらい思いをしたりしている女性たちの環境を変えていこう、という動きなんですね。

日本でも、月経中であることは人に言いづらかったり、コンビニでも茶色い袋に隠して渡されたりと、まだまだ「恥ずかしいこと」として扱われる文化があります。普段生活しているとあまり意識することはないと思いますが、この機会に、こうした月経の在り方について想いを馳せてみませんか。

コラム2019.04.07

スーダンで健康に過ごすために迫られるたくさんの「判断」とは

貧しい人ほど、自分の健康について多くの「判断」をしなければならない環境にある、という説があります*¹。

日本のような先進国では、水道設備が整備されており、自分で浄水をする必要はありません。会社員であれば健康保険料は天引きされ、予防接種は学校や病院等で推奨されます。つまり私たちは、基本的な健康について自らの判断を要求される場面が少ないのです。それは、これまでにさまざまな制度が整備されてきたからです。

一方途上国の貧困層は、川や池の水をそのまま飲むか、浄水を行うための塩素剤等を購入するか等を、お金や労力、時間、そして家族の健康を天秤にかけて選択する必要があります。医療費はすべて自分で貯蓄をしなければならず、日々の生活の中でどの程度未来の医療費を蓄えていくのか、自分たちで決めなくてはなりません。また予防接種も、自分が持っている情報の中で「受診する」ことを決め、遠くの診療所まで行くという行動を起こす必要があります。

給水車から購入した水をためておく設備

このように貧しい人々は、すでに整った環境にいる人々よりも、自身の健康を保つためにずっと多くの「判断」を迫られています。

 

今日4月7日は、「世界保健デー」。こうした環境に置かれている人々の健康を守るため、国際保健について啓発を行うための日です。1950年に世界保健機関(WHO)により制定され、毎年テーマを定めて様々な啓発活動が行われています。

 

UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)とは?

昨年のテーマは「UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)」。

耳にされたことはあるでしょうか?昨今、途上国での保健事業には欠かせないキーワードとなっています。

UHCとは、「すべての人々が保健医療サービスを受けられる状態」です。より詳しく言えば、すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関する十分なサービスを支払い可能な費用で受けられる、という状況を指します。

 

日本の当たり前と厳しい世界の状況

世界保健機関(WHO)によれば、2000万人の幼児が必要な予防接種を受けられません。また、およそ1億人が、医療費の支払いがかさんだことによって、1日1.9ドル以下という貧困ライン*²以下での生活を余儀なくされています。

病気になったときに、近くに病院があり、きちんと治療が受けられること。これは日本ではほとんどの人にとって当たり前ですが、世界にはこれが当たり前でない地域がたくさんあります。ロシナンテスの活動するスーダンもそのひとつです。

 

剥がれ落ちかけた天井

スーダンの現状は?

スーダンの村落部には病院が十分にありません。また、医師や看護師などの医療人材も、病院の設備も不足しています。

私の訪れた北コルドファン州のオンムダム・ハージ・アハメド地域にある診療所は、1棟で周辺人口の約16,000人の住民をカバーしている、という状況でした。

カバーをしているといっても、医師はたったの1名です。建物は老朽化しており、天井は剥がれ落ちてきています。病院内の設備も、整っているとは言い難い状況です。

しかし、このような状態でも、自力で行ける範囲に診療所がある住民はまだましと言えます。住民は、通常、徒歩かロバに乗って診療所までやってきます。では、徒歩でもロバでもたどりつけない距離にしか診療所がないとすれば、どうでしょうか。診療所から離れた場所に住んでいる場合、そもそも診療所に行くこともできないのです。

まだまだ、スーダンではUHCの推進が必要です。

 

仕組みを整えることの重要性

私自身は幸いにして、予防接種を受けるかどうか、病気になった場合に病院に行くかどうか、といった内容で、深く悩んだことはありません。それは、これまでに多くの人々が築きあげてきたさまざまな制度のおかげなのです。それほど、保健医療において仕組みづくり、というのは重要だと思っています。

ロシナンテスは、巡回診療、診療所の建設や、給水所の建設等を通じて、スーダンに「医」が届くための仕組みを整えています。少しでもスーダンに仕組みを普及できるよう、これからも活動を続けていきます。

 

——————————————————————————

*1(アビジット・V・バナジー (著), エステル・デュフロ (著), 山形 浩生 (翻訳), 『貧乏人の経済学―もういちど貧困問題を根っこから考える』, みすず書房, 2012)

*2下回ると、食料・衣服・衛生・住居について最低限の要求基準を満たせないという基準

コラム2019.03.22

不衛生な水をそのまま飲用して感染症も。スーダンの水事情とは

世界水の日に、スーダンの水事情を考える

世界水の日は、水の大切さや、きれいで安全な水を使用できるようにすることの重要性を世界中で考えるための日です。1992年12月の国連総会で制定されました。

世界では、8億4,400万人、およそ9人に1人が清潔な水を利用できません。

飲めば体調を崩すとわかっていても、不衛生な水を子どもに飲ませるしか選択肢がないお母さんたちがたくさんいます。安全な飲料水が手に入らないというだけではなく、水くみに時間を取られ、働いたり学校に通ったりする時間が取れない、農作物を育てるための水が確保できない、といった問題も発生します。また、不衛生な川やため池の水をそのまま飲用しているために、感染症にもかかりやすくなります。

 

砂漠の国、スーダン

Photo credit: Junji Naito

水事情はスーダンでも深刻です。スーダンというと砂漠、というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際、国土の大半は北のサハラ砂漠から続く砂漠地域です。

Google Earthで見ても、大半が乾いた地であることがわかります。

スーダンの年間平均降水量を見てみると、南部のウガンダ国境付近では最大600ミリ程度ありますが、北上するにつれ少なくなり、エジプト国境付近では25ミリ以下まで減少します。東京の年間平均降水量が1500ミリ程度であることを考えると、雨量の多い地域でも東京の3分の1程度しかないということがわかります。

スーダンと南スーダンの年間降水量分布(Fanack)

 

スーダンの水の課題

水が貴重なスーダンでは、人口のおよそ40%が家の近くで清潔な水を手に入れられない環境で生活しています。地域によって水を得る方法が変わってくることから、その課題も様々です。

 

川の近くでは、川の水を利用するのが一般的です。スーダンの代表的な川「ナイル川」は、エジプトから流れ込む世界最長の河川で、スーダン領内でアトバラ川、青ナイル川、白ナイル川といったいくつかの支流に分かれます。このナイル川本流と支流の沿岸地帯では、川から飲料水や灌漑用水を確保しています。

特に都市部では、川の水を浄水場で処理し各家庭へ配水する水道が張り巡らされており、日本と同じように蛇口をひねれば水が出てくる環境が整っています。しかし雨期の間には、水量と濁度が急激に上がるため、浄水場の処理能力が追い付かず、蛇口から出る水も茶色くなってしまうという課題があります。下記動画は、理事長川原の自宅の水道です。普段はそのまま飲めるきれいな水が出ますが、雨期になると茶色く濁った水が出てきます。

 

水道の恩恵を受けられていない沿岸の小さな村落では、直接川から水をくんで利用しているところも数多くあります。しかし川には、人や家畜の排泄物を含む様々なものが流れこんでおり、特に下流になればなるほど水は汚染されています。人々は、感染症の危険があることは理解していますが、他に選択肢がないために、不衛生な水を飲まざるを得ない環境にあります。

 

川から離れた村落では、水を確保するためには、井戸のようなほかの手段を考える必要があります。しかしスーダンの地下水は深いところにしかなく、井戸を作るには大掛かりな掘削が必要です。また水を引き上げるポンプを動かすために、電気の通っていない村落では発電機やソーラーパネルも必要となり、さらに多額の費用がかかります。そのため住民の力では設置が難しく、雨期の間にできた池などから直接水をくんだり、給水車から高いお金を払って水を買ったりしている地域も多いのです。

年間降水量分布の黄緑より南のエリアでは、雨期の間に降水量が増大します。そのためこの雨水を利用して、ハフィールと呼ばれる雨水貯水池を活用している村落もあります。ただ、家畜の糞尿が入らないようフェンスで囲ったり、浄水の仕組みを取り入れたりせずに利用している場合、川や池と同様に汚染された水を飲むことになります。

 

水事業を進めていきます

このほかにも、スーダンは水にまつわる課題を数多く抱えています。ロシナンテスは、医療活動と同時に水事業を推進しています。いくら医療を届けても、水が原因でたびたび病気になる人々を見て、やはり根本的な問題解決のためには水の問題に取り組む必要があると考えたからです。

きれいな水が、百の薬よりたくさんの命を救うこともあります。すべての地域の問題を一気に解決することは難しいですが、ご縁をいただいたところから、少しずつ状況を改善できるよう事業を進めていきたいと思います。

 

コラム2019.03.07

160か国中139位!妊産婦死亡率と女性の地位の関係とは

こんにちは、事業部の堺遥です。東京は寒さがだいぶ和らぎ、梅や早咲きの桜が開花して、いよいよ春がやってくるなぁと、わくわくする今日この頃です。

さて、日本では女の子の健やかな成長を祈る桃の節句が過ぎたところですが、続いて3月8日は国際女性デーです!国際女性デーは、女性が達成してきた成果を認識し、女性の平等と自由を目指す日として1975年に国連により制定されました。日本ではまだ馴染みの薄い印象ですが、近年、新たな文化行事として定着させようという試みが行われているようです。

スーダンにおける女性の地位

国際社会が、ジェンダーにかかわらず誰もが暮らしやすい社会の実現を目指す中、私たちが活動を行っているスーダンは、ジェンダー間の不平等が大きいとみなされています。例えば、国連開発計画(UNDP)が発表しているジェンダー不平等指数(Gender Inequality Index:GII)においてスーダンは160ヶ国中139位という位置づけです。GIIの指標の一つに、保健分野があります。スーダンにおける妊産婦死亡率は出生10万対311で、日本の出生10万対5という結果と比べると遥かに高いことが分かります。

スーダンの妊産婦死亡率が高い要因の一つに、必要な医療を受けられないという事情があります。日本において妊産婦は、一度の妊娠中に合計10回を超える妊婦検診を受けるのが一般的です。一方、スーダンの村落部では妊産婦が一度も妊婦検診を受けず、また医師や助産師などの熟練分娩介助者の立ち会いなしに出産するケースが珍しくありません。主な理由は、移動手段がなくて病院へ行くことができない、妊婦検診の受診や出産時に介助を受ける必要性が認識されていない、などです。

写真 / 内藤順司

安心して出産するために

出産時に問題が起きた時に、介助者が対処して助かるケースは数多くあります。介助者が対処できない問題でも、医療設備の整った施設へ搬送することができれば、より多くの命を救うことができます。そのためには、介助を受けられる妊産婦の割合を高めたり、医療施設を増やしたりする必要がありますが、こうした妊産婦のケアが十分に行われていないのが現状です。

スーダンを含むこうした課題を抱える多くの国では、そもそもが貧困である、という点に加え、女性の地位が低く予算が優先して振り分けられていないという問題があります。実際に関連した数字を見ていくと、女子初等教育就学率が低いなど、女性の地位が低い国ほど妊産婦死亡率が高くなっていることがわかります。救えるはずのお母さんの命を救うためには、必要な医療を受けられる環境を整えるとともに、女性の地位の向上についても考えていく必要があります。

妊産婦の命を守る

ロシナンテスが行っている巡回診療や診療所建設は、妊産婦の命を守る一助となることを目指しています。例えば、ハルツーム州シャルガニール地域ワッドアブサーレ区で巡回診療を始めたことで、活動地での妊産婦死亡数を0にするという結果を出すことができました。もちろん、因果関係を単純に評価することはできませんが、巡回診療の定期的な実施や安全なお産の啓発を進めてきた効果は一定程度あったと感じています。

巡回診療での妊婦検診の様子

国際女性デーを機に、多くの方にスーダンのお母さんたちに思いを馳せてもらえたら、と思いブログを書きました。女性たちが安心して子どもを産むことができるようにするためにも、さらに一生懸命活動を進めていきたい、と改めて思ったのでした。