特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. カテゴリー: スタッフブログ
スタッフブログ2018.10.18

【宮崎 理恵】入職のご挨拶

はじめまして、宮崎理恵と申します。2018年10月にロシナンテスに入職いたしました。
皆様からのあたたかいご支援を、現地へ心をこめてお届けしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

わたしは途上国支援に携わる仕事がしたいとの想いから、ロシナンテスに入職するに至りました。
途上国支援に興味をもったきっかけは、大学生の時に大学前で配られていた海外ボランティア募集のチラシを見て、夏休みを利用してカンボジアへ向かったことでした。
それが初の海外渡航でした。日本とは全く異なる雰囲気、言葉、文化に触れ、こんな世界があったのかと新鮮に思ったことを覚えています。

現地では、HIVにかかったために力仕事のできない村人に代わって畑を耕し、今後の収入源となる農地を耕作するというものでした。
しかし、現地の人からは感謝ではなく、
「そんなことをするくらいなら、今お金をくれ」という言葉をかけられました。
いいことをするつもりで行きましたが、全く善意が伝わっていないことを知り、
「途上国支援とは何か?」と疑問を抱きました。

その後、フィリピンの現地NGOにてインターンとして働く機会がありました。
その団体では台風などの災害で家と職を失った人々へ住居と職業訓練を行っており、実際にその住居に一緒に住み、職業訓練のサポートをしました。
一緒に暮らすうちに、徐々に災害や失業から立ち直っていく家族を見ました。
また村で暮らす中で、助けることよりもむしろ助けられることの方が多かったように思います。

職業訓練のためのネイルの練習台になりました。デザインも一緒に考え、たくさん練習し、後日実際にお店がオープンしました

またこの生活を通じて、”現地の人々は決して一方的に援助する相手ではなく、生活できる環境と学ぶ機会さえあればそれがきっかけとなり、あとは自立できる頼もしい存在だ”と気づき、将来は一方的な援助ではなく現地の人々と話し合いながら、そんな自立のための環境や機会を提供するような仕事がしたい、と改めて思うようになりました。未熟ながら、途上国支援について自分なりの見解を得た出来事でした。

大学卒業後は民間企業での勤務を経て、イギリスの大学院にて開発学を学びました。
そしてこの度、スーダンに「医」を届ける、当団体に入職することとなりました。ロシナンテスでは現地住民の要望を聞き、最終的に住民の手で管理することを目標とし、現地政府を交えて事業を進めており、現地の人々と一緒に事業を進めていけるという部分が魅力でした。

途上国は日本よりも貧しく、日本で当たり前に受けられる教育、医療などの様々な機会が制限されています。しかし途上国の人々は貧しいながらも彼らの築いてきた文化、伝統、地域社会のなかで暮らしています。
わたしは途上国を思い出すとき、貧しい質素な住居や、希望を失った人々の失意の表情を思うと同時に、一方でカンボジアの活発な子どもたち、牧歌的な風景、カラフルな花々や、ネパールの美しい伝統衣装、仏像に塗られた赤い顔料、フィリピンの勤勉で明るい人々の笑顔など、日本にはない鮮やかさも同時に思い出します。

わたしは彼らの築いてきた文化と生活を大切にしながら、その中で自立のきっかけや機会を提供し、それをもとに自らの手で将来を切り開いてもらうような支援をしていきたいと思っています。
これから、ロシナンテスの一員として「医」を届け、現地の人々が自立を目指す一助となりたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

宮崎理恵

スタッフブログ2018.07.17

【堺 遥】入職のご挨拶

はじめまして。2018年6月にロシナンテスに入職しました堺遥と申します。

ロシナンテス入職前は総合商社に勤め、自動車や船の分野で複数のプロジェクトに携わっていました。「医」を届けるロシナンテスの仕事は初心者ながら、一生懸命がんばりたいと思います。

私がロシナンテスに入職するに至る最初のきっかけは、小学生の時に観たテレビ番組でした。

番組では、地雷埋蔵地域・奴隷労働・野宿など、過酷な環境下で生きる子どもたちが紹介されていました。
自分と同じ年ごろの子どもたちが、自分とはまるで違う環境で生きていることに衝撃を受け、「大人になったら、あの子たちを助けたい」という思いを抱きます。

高校卒業後、国際関係や地域文化などを幅広く学べる大学に進学して文化人類学に出会い、異文化を学ぶ面白さに強く惹きつけられました。大学卒業後の進路を考えたとき、「開発途上国の子どもたちを助けたいと思ってきたけど、どんな仕事に就いて、何をしたらいいのだろう」と悩みました。
知人に相談すると「まずは自分の目で見てみたら?」とアドバイスされ、「開発途上国」へ行ってみることにしました。

行き先として選んだのは、西アフリカにある「トーゴ共和国」。
それまで国名を聞いたこともありませんでしたが、NGOがボランティアを募集しており、文化人類学を学ぶ中で最も興味を引かれていたアフリカへ行ってみたくて参加を申し込みました。

いざトーゴに到着し、私は衝撃を受けます。

「現地の人は普通に生活している…助けるなんて、おこがましかった」

首都・ロメの中心部ではアスファルトで舗装された道路を自動車やバイクが走り、水や電気の供給は断続的ではあるものの最低限使用でき、携帯電話を持っている人もいました。
人々はのんびりと過ごし、私のような外国人が通りかかると「ヨヴォ、ヨヴォ、ボンソワール(白人、こんにちは)」と人懐っこく話しかけてくれました。
平日はボランティアとして孤児院の子どもたちに勉強を教え、休日は周囲を散歩し色々な人と会話しながら1ヶ月間過ごす中で、トーゴを大好きになりました。
トーゴの魅力を言葉で表現するのは難しいですが、人・音楽・踊り・ファッション・食など…あらゆる側面に魅了されたのでした。

一見すると満足なトーゴの人々の暮らしでしたが、実際にはお金がないから進学できない、夢をあきらめた、という若者は少なくありませんでした。

「この国に必要なのはボランティアじゃない。雇用を生み出す産業だ」

そう考えた私は一般企業に就職することを決め、大学卒業後、総合商社で働くこととなります。

就職後は、自動車や船の領域においてアジアやヨーロッパの案件に携わり、多くのことを学ぶ日々でした。
一方で、心の片隅にはいつも「いつかはアフリカへ」という思いがあり、アフリカや国際協力に関係するイベントを見つけては足を運んでいました。
その中で、とあるイベントをきっかけにロシナンテスを知り、その理念や「医」を届ける活動に共感し、ロシナンテスで働くことを決意しました。

ロシナンテスに入職した今、私の夢は「生まれた環境にかかわらず、誰もが自由に夢を描ける世界を実現すること」です。

私がトーゴで見聞きしたように、お金がないため進学をあきらめる、外の世界に触れる機会が少ないため周囲の大人と同じ人生しか考えたことがない、といった人は少なくないと思います。
どんな人生を歩みたいか、は人それぞれですが、多くの人が様々な選択肢を知り、「がんばれば夢を叶えられるかも」と思える世界にしたいです。
そのための重要な基盤である「医」を、ロシナンテスの一員として世界のどこにでも届けていきたいと考えています。

日本や世界のどこでも、多くの人が笑顔になれるよう一生懸命がんばりますので、今後どうぞよろしくお願いいたします。

堺 遥

トーゴにて。編み込みに挑戦しました!

スタッフブログ2018.04.11

【寺田 美知子】スーダン事務所 着任

こんにちは。この度、スーダン事務所に着任しました寺田美知子です。

スーダンに来るのは昨年12月の出張以来、2回目です。
見覚えのある街並みや、変わらず明るいスーダン事務所のスタッフとの再会を喜んでいましたが、この数ヶ月の間で変わっていたこともあります。

最も大きな変化は、物価です。
昨年末頃からインフレが続いており、食料品や生活用品が、ものによっては倍近くまで値上がりしています。店に行けば品物は並んでおり、町中では車も走っていて、そこまで「急激に生活状況が悪化した」という印象は受けませんが、周りの人と話をしたり仕事をしていたりすると、予想以上に物価上昇の影響が大きいことを実感します。
またガソリン不足も深刻で、ロシナンテスのドライバー・イスマットも、毎日ガソリンがあるスタンドを探し回っていますが、早朝から列に並んで給油までに数時間かかることもあるようです。あるスタッフは「大家さんから家賃を値上げする(2倍の値段!)と言われてしまった」と、新しい住居探しに奔走しています。
ロシナンテスが取り組んでいる建設事業でも、現場からは「材料が値上がりしたり、品薄だったりして、入手が大変」という声が届いています。

と、なんだか大変そうなことばかり書いてしまいましたが、スーダン事務所での毎日の楽しみの一つ、「イルハームのご飯」は健在です。ここではクリーナーのイルハームが皆から食材費を集めて昼食を準備してくれ、スタッフ皆で大皿料理を囲みます。
先日は、初めて「アシーダ」(ドゥラという穀物を水でこねて加熱した、そばがきのような食感の料理)を食べることができました。この日私はテーブルにつくのが遅かったので、皆がつついたアシーダしか写真に撮れず、ちょっと残念だったのですが…この「食べかけアシーダ」写真は、何だかロシナンテススタッフの結束や、スーダンの分かち合い文化の象徴のような気もします。

私にとってスーダンは、12年前に初めてのアフリカ旅行をしていた時に「スーダンを縦断してきた」という旅行者の話を聞いてから、ずっと気になっていた土地でした。
スーダンの経済や人々の生活、それに伴う健康状態等々が今後どうなっていくかは心配ですが、そんな困難の中でも、スーダンの人達と一緒にご飯を食べ、一緒に事業に取り組めることを嬉しく思います。

これからも、事業の様子、スーダンの人々の様子をお伝えできればと思いますので、よろしくお願いいたします。

スタッフブログ2018.04.08

【渡邊 周介】離任のご挨拶

こんにちは。
東京事務所の渡邊です。
3月末でロシナンテスを退職することになりました。
在任期間は1年半という短い期間でしたが、約1年間のスーダン駐在も経験させていただき、非常に勉強になりました。
今まで本当にお世話になりました。
離任にあたって、ロシナンテスで学ばせていただいたことを記したいと思います。

1.力を合わせることの大切さ
スーダンで日本の経験を活かしながら医療事業をする、というのは着任前に予想していた以上にいろんな困難がありました。
さまざま大変なことがありましたが、本当に「自分1人では何もできない」ということを強く感じました。
日本にいるスタッフとの連携、スーダン人スタッフとの連携、そして日本からのご支援があったからこそ事業を運営できるのだということがよく分かりました。
また、団体の性質上、知らない文化の中で外部と関わりながら仕事をする必要があり、団体内部でも職員それぞれがいろいろな思い、立場を持って仕事をしています。意見の対立が起きて怒鳴りあいの喧嘩をすることもしばしばありました(もちろん私の至らなさが原因のことも多いのですが…)。
意見をぶつけ合うことは痛みを伴いますが、違う人間どうしが理解しあうためにはどうしても本気の議論が必要です。

「どうして現場を見たいと言っているのに許してくれないのだ!」
(色々理由をつけられて許可されないこともたびたびです。)

「あなたに会いたい、というメールに対して、You can come to the office.(あなたは私の事務所に来ることができます)って上から目線すぎないか?」
(英語の言語としての性格の問題ですかね…)

「ややこしいことはラマダンの後ね、て、おいおい、それを頑張ってこそじゃないのか?」
(そう思うことがあるというだけです。断食を1か月も続けるのは尊敬してます)

関係者に心の中で毒づいたことが何回あったか分かりません。
さまざまな意見の対立を乗り越え、力を合わせていく過程で、自分自身も大きく成長できたのではないかと思っています。

2.自分が日本人であること、軸を持っていることの大切さ
スーダンにいると、時間がゆっくり流れていることもあり、「自分が何ものであるか?」を考えることが多かったです。
日本を飛び出しスーダンに支援にきた、のですが、何かスーダンに貢献できるものが自分の中にあるのか、考えれば考えるほど分からなくなってきました。
結局、自分をしっかり持っていない人間が、異国の社会に貢献することなんてできない、というごく当たり前の結論になります。
そして、その「自分」が何かを考えたとき、「自分が日本人であること」を強く意識します。
細かい習慣やものの考え方、日本で生きてきたことによる影響は大きく、そこをしっかり見つめないと前に進めないと思っています。
スーダン在任中、スーダンの医療関係者を長野県の佐久総合病院の視察にご案内する機会がありました。
私が唯一臨床医として経験をつんだ病院です。
(正直、各種調整、手続き、すごく大変だったのですが、)研修参加者から、
「あなたのこういうつながりがあったからこそ素晴らしい日本のシステムを見ることができた。本当に感謝している。」
と言われたのは本当にうれしかったです。
もちろん、病院を作り上げたのは私ではありませんが、自分のアイデンティティを構成するものをスーダン人と共有できたことは素晴らしい経験でした。

それぞれが自分をしっかり持って、力を合わせていくこと。
難しいことですが、私はロシナンテスでそれを学びました。
これからの団体の発展を願ってやみません。
本当にありがとうございました。

佐久総合病院視察

スタッフブログ2018.04.08

【田才 諒哉】離任のご挨拶

こんにちは!田才諒哉です。
スーダンでの任期を終え、2018年2月に日本に帰国して参りました。
短い期間でしたが、スーダンでは本当に多くのことを学び、そしてたくさんの方に支えられました。

最後にいくつか心に残っていることを振り返らせてください。

1. ワークアズライフな生き方
日本で「ワークライフバランス」が叫ばれるようになってしばらく経ちましたが、スーダンでは「仕事」と「生活」を明確に線引きすることが難しいです。

スーダンに限らず、途上国全般にいえることかもしれませんが、日常生活の中でどれだけ一緒にご飯を食べたり、一緒にお茶を飲んだり、なんでもない会話をしながらぼーっと過ごすとかいう、日本でいえば「同じ釜の飯を食う」ということが、仕事をスムーズに進める上でも大切であったり、さらには新しい事業への発展につながるということも起こったりします。

仕事に関しても、家族・親戚の多いスーダンなので、親戚を経由して情報収集をしたり、プロジェクトパートナーを探したりということもよくあります。

仕事と生活が完全に切り離せないことに関しては反論もあるかもしれませんが、常に人とのつながりやご縁を大切にし、その中に仕事もあるという働き方は、私にはとても心地よく、ひょっとしたら日本も働き方改革を進めていく中で学べることがこの「ワークアズライフ」な生き方にあるのではないかと感じました。

2. 日本とのつながりの中で活動ができているということ
スーダンという日本から遠く離れた国で活動をしていても、日本とは深くつながっているということを日々感じていました。
特に、2018年4月〜6月にかけてクラウドファンディングに挑戦させていただき、720万円を超えるご支援を日本の皆さまからいただいたことは一番心に残っており、そのおかげでスーダンの北コルドファン州での水事業実施に必要な車両を購入することができました。

日本の皆さまからのこうした多大なるご支援がなければ、我々の活動は実施できません。よくスーダンに駐在していると「そんなところまで行って活動をして偉いねー」とか「すごいねー」とか言われたりもします。私たちは現場で皆さまの想いを届ける存在ではありますが、日々支えてくださる皆さまも私たちと同じ志をもった仲間であり、そんな皆さまを私たちは「すごいな」と心から思います。

また、スーダンの事業だけに集中して取り組むことができていたのは、北九州と東京の事務所で支えてくださったスタッフの方々がいたからであり、応援してくださる皆さま、日本のスタッフ、そしてスーダン事務所のメンバーとみんなで協力して事業が行われているということを強く感じました。

北九州本部のスタッフと

最後に、初めてのNGO職員としての仕事であったり、初めてのイスラム教の国での生活だったりと不安なこともたくさんありましたが、寛大な心で接してくれたスーダンの方々、特にロシナンテスのスーダン人スタッフの愛情に支えられ、スーダンという国が、本当に本当に大好きになりました。

またいつか必ずこの地に帰ってくることを約束して、最後のご挨拶とさせていただきます。
短い間でしたが、応援してくださった皆さまに本当に感謝いたします。ありがとうございました!!