特定非営利活動法人ロシナンテス

活動報告ブログ

ロシナンテスからの活動情報をご案内します。

  1. HOME
  2. 活動報告ブログ
  3. 月別: 2019年6月
川原ブログ2019.06.13

駐在スタッフ帰国の御礼とスーダンの現状

多くの皆さまにご心配をおかけしておりましたスーダン駐在職員3名が、無事に帰国いたしました。国外退避にあたりご尽力いただいた皆さま、気にかけてくださった皆さま、そして迅速に動ける体制、組織基盤を支えてくださっているご支援者の皆さまに心より感謝申し上げます。

2019年4月11日、30年間独裁政治を行ってきたバシール大統領が軍によって身柄が拘束され解任となりました。その後、暫定軍事評議会が設置されましたが、民衆は民政移管を求めての抗議活動を継続、軍本部前の周辺道路にバリケードを築き、平和的に座り込みを行なっていました。しかし6月3日、デモ隊を強制排除するために、軍事評議会が実弾を用いて座り込みをする人たちを攻撃し、100人を超える犠牲者が出ました。1ヶ月のラマダン(断食月)を終え、休暇に入ってすぐの出来事でした。

現地には日本人スタッフが3人滞在していましたが、治安の急速な悪化に伴い、全員の国外退避を目指して全力で動いてきました。1人は6日(木)に出国でき、2人を残すのみでした。現地ではインターネットが遮断され連絡がつきづらい状態でしたが、国際電話を用い何とかスーダンと連絡を取っていました。

7日(金)、国連がチャーターする飛行機にNGOスタッフも搭乗できるとの情報があり、彼らの座席を確保しましたが、出国ビザが取れずに残念ながら飛行機に乗ることができませんでした。スーダンでは滞在ビザを持っている人は、出国ビザを取らないと出国できない制度であり、通常申請してから取得するまで1週間から2週間かかります。治安が悪化して、出入国管理局の事務所に行くこと自体が危険と思われる状況でしたが、在スーダン日本大使館の支援があり、管理事務所に行って手続きを行い、即日で彼らの出国ビザが入手することができました。大使館の支援がなければ、このように短期間でビザの入手はできなかったことでしょう。

エミレーツ航空をはじめ、スーダン発着の商用フライトの多くがキャンセルとなっていましたが、8日(土)、エチオピア航空が予約できました。飛ぶことを祈っていたものの、このフライトも結局キャンセルとなりストレスが増す状態になりましたが、幸いにも翌9日(日)のエチオピア航空の予約が取れました。再びフライトがキャンセルにならないことを職員一同が祈る中、ローカルスタッフ・ラビアの夫モハメドが運転して空港まで彼らを無事に届けてくれました。治安の悪い中、事務所のある建物にラビアとモハメドがいてくれて本当に助かりました。あとは飛行機が飛んでくれるかどうかでした。

彼らが空港へ向かったその日、日本では当団体の総会と活動報告会が開催されていました。報告会の最中に、無事チェックインできたことがわかり、会の終了後、彼らが搭乗する飛行機が離陸したのを確認しました。そして10日(月)夜、無事に成田空港に到着することができました。

ロシナンテスのスタッフが無事に帰国できましたのは、外務本省、在スーダン日本大使館、そして現地と日本で多くの貴重な情報を共有いただきました日本国際ボランティアセンター(JVC)、難民を助ける会(AAR Japan)、その他数多くの関係者の方々のご尽力によるものです。職員一同、心から感謝申し上げます。

私はスーダンに昨日行く予定でしたが、しばらくは日本に滞在し、現地にいるスタッフを通じて状況を見極める予定です。一刻も早くスーダンの治安が回復し平和になることを心から祈っています。

無事に帰国した二人と!

 

川原ブログ2019.06.04

均衡が破られた月曜日

今の時期は、断食月のラマダンが終わり、休暇をみんなで楽しんでいる時です。そんな平和的なお休みが一瞬にして壊されました。

昨日、スーダン滞在のスタッフから「銃声が聞こえている」と連絡がありました。その後私のスーダン人の友人からも、抗議デモをしていた人たちを軍人が荒っぽい方法で追い立てている様子のビデオが送られてきました。4月11日にバシール大統領が退陣してから、民衆は軍本部前にバリケードを築き周辺一帯を占拠、一刻も早く軍制から民政への移行するよう訴えていました。軍部はそうしたデモ隊を、銃弾を用いて強制排除したようです。スーダン医師会の発表では、100名以上の負傷者がおり、死者も出ています。

そのような状況ですが、ロシナンテスの事務所、スタッフの住居の安全は確保されています。私は今週末の総会に向けて帰国中だったため、今朝のLINE通話では、スタッフの声を聞くことができて一安心しました。引き続きスタッフの安全を確保するために尽力していきます。

民衆の抗議デモは、ボランティアの精神を持ち、みんなで助け合いながら、非暴力に徹し平和的に行われていました。それだけに、その民衆に向けて発砲されたことに強い怒りを、多くの犠牲者が出たことに深い悲しみを覚えます。私の友人は、「軍制から民政に移行されるまで抗議デモを続ける。このことを日本に知らせてくれ!」とメッセージを送ってきました。

天安門事件が起きてから30年目だそうです。洋の東西を問わず、人間というものは本当に愚かなものだと思います。30年前と比べてよくなったと思うのは、ネットが発達して、世界の距離感が短くなり、スーダンと日本の連絡が容易になったこと。
我々にできることは、こうしたツールを使って今スーダンで起きていることを皆様にお伝えし、現地で困っている人たちのために何ができるか、考えていくことです。少しでも平和に近づくことを願います。